読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞑想を続けるために音声コンテンツを作ってもらった

どうも6xoです
しばらく前にKindleの積んでた本から「世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方 ハーバード、GoogleFacebookが取りくむマインドフルネス入門」という本を読んだ

海外の企業でマインドフルネス瞑想ってのが実践されてますよって内容なんだけど「瞑想」日本だとちょっと怪しい感じがある。まあ日本のテレビ考えてみればそりゃ怪しく思っても仕方がない
他サイトなどでも瞑想という単語を目にすることが増え、瞑想を始めてみることにした。しかし、どうも続けられる自信が無かった。どうせすぐサボってやらなくなっちゃいますよねと
そこで考た。僕には電車の中でいつも同じ音楽を聞くという習慣がある。それにプラスして瞑想の音声ガイドがあれば毎日やるのではと。そういうことで音声ガイドを作った

音声の台本は自分でなんとか作れます、でも自分の声聞くのちょっと嫌ですよねってことで、ネットで音声収録をしてくれる人を探した。youtubeでサンプルボイスとか探してたら、すえつぐゆうこ様という方を見つけた。すごくいい声のお方で、音声ガイドのイメージに完全に一致した。すぐに連絡を取らせてもらって音声収録の依頼をさせていただいた。音声編集は自分でできたので瞑想音声ガイド自体はすぐに完成した。収録音声、個人利用かつ分量も少ないという面倒な案件にもかかわらず、快諾していただいたすえつぐ様にはものすごく感謝している

完成品は簡単に一部のみだけどこんな感じ

soundcloud.com

最初はdocomoAPIとかの音声合成とかでもいいかなと思ったけど、やっぱり僕は生身の人間の声がいい。この辺りは人によりけりだろうけど

これをほぼ毎日聞いた。「習慣になる」の定義、3週間続けるとか200日続けるとか色々言われてるけど、僕の中では「やらないと何か違和感がある」っていうことにしてる。音声ガイド作ってすぐの頃は休みの日に忘れてたりしたけど、今はその前の音楽を聞くというトリガー無しに瞑想ができるようになってる

瞑想の手順とか音声で言ってくれるのすごくありがたくて、例えばラジオ体操音無しで記憶だけを頼りにやるのって難しい。また、本などでやり方を見ながらやるのってめんどくさくていつの間にかやめてしまう。集中も途切れがちだし。瞑想に音楽とかあるのはあまり良くないって情報もあったけど、音声があると次どうするんだ?っていうことで迷う必要が無くなるから、個人的にはあったほうがいいと思ってる。ずっと無音だと寝てしまう可能性もあるし

瞑想はじめて明確に頭がクリアになって世界が変わったとかはないけど、ゴタゴタした時期をなんとかなったのはこれのおかげかなと思ってる

瞑想云々よりも習慣付けとして、音声コンテンツってのは効果あると思ってる。もちろん向き不向きはあるけど。本を読む習慣とかを音声コンテンツで補助するのは難しい
例えば英単語を覚えたい時に、簡単に何分でどれだけ覚えましょうとかガイドしてくれるだけでも大きく変わる。モチベーションとか日によって差があるし、思い切って外に投げて管理してもらったほうが楽だったりする
適していそうなものとしては、音声で言われることをそのままやれば良くて、その行為の時間がブレにくいものだろう。例えば「上手な歯磨きの方法」とか


最後に今回音声収録をしていただいた、すえつぐゆうこ様の情報を

すえつぐゆうこ様の所属する劇団「風凛華斬」にて公演を行うそうです
2016年7月22日(金)~24日(日)
萬劇場ショートストーリーコレクションVol.5 夏の短編集 2016
2016年9月29日(木)~10月2日(日)
風凛華斬SINプロデュース風真Vol.8 HOLD!~the ambitious~

殺陣教室なんかもあるそうで興味がある方は是非